私が最初に読んだ永久保作品は、「検証・四谷怪談」です。

本当に偶然、図書館で手にとって読み始めたら、完全にノックアウトされました。この人は民俗学者なのか?ってくらい奥の深い時代考証を重ねて怪談の真実に迫っていく作品。

そして何より、登場する人物たちが心の琴線に触れるんですね。人間の業の深さみたいなものがずしりと心にきます。

とりあえず、この人の全作品を読もうと決めました。


次に、「永久保貴一の極めて怖い話」。
がちで怖かったです。

そして、「永久保怪異談」「スピリチュアルを斬る」。
紹介ページでも書きましたが、生き方を考えさせられました。

その後も「永久保怪談恐怖耳袋」「カルラ舞う!」と読み進めていきました。カルラ舞う!はまだまだ途中です。あと「生き人形」はちょっと怖くて後回し。(怖いのは好きなんですが怖がりなので)


それにしても、これほどすごい漫画家が一般には無名に近いってのは、ほんとに不思議。日本の漫画界はどれだけレベル高いんだって話ですね。